カテゴリー「3-1.お手入れ」の記事

2010年9月12日 (日)

秋の毛換え

Kotakoro01



気がついたら更新が2ヶ月も空いてしまいました。

月日が過ぎるのが早いのは、・・・と、トシのせいでしょうか。

皆様、お元気ですか?



あいかわらずダラダラした姿ですが

コタロウが秋の毛換えを始めました。

(前のログが梅雨の毛換えだったのが心苦しいです。エヘ。)



2ヶ月あると、コタロウの身のまわりもちょこちょこと

マイナーチェンジがおこなわれました。



コタロウの砂を変えました、

コタロウの歯磨きにステキなおやつをみつけました

夏はエアコンの冷気にやられて寝室にひきこもっていましたが

すこし設定温度が上がって

コタロウがリビングに出てくるようになりました。



また少しずつ報告をしていきたいと思います。

| | コメント (16)

2010年6月28日 (月)

梅雨と毛玉

Korokorokedama



大きな毛玉です。

梅雨に入ったとたん、

コタロウの毛がものすごく抜けるようになりました。

毎日のブラシが欠かせません。



毎年梅雨入りの日は違うのに、同時にくるとは

梅雨入り宣言も、コタロウの体も

季節の何かを正確に読み取っているのですね。

| | コメント (7)

2008年5月30日 (金)

噛み癖






| | コメント (8)

2007年11月11日 (日)

3年目の健康診断

Pa0_0205_3

















ついに出ました、デブ宣言。。。

コタロウのことですよ。

(私も猫のこと言えないケド)



体重、6.7kg ・・・・・・・・。

順調に太っています。





コタロウは肝臓が悪かった経緯があるので

今年も健康診断をしました。


** 以前の健康診断 **
◆ 1年目 ⇒  2005/10/10
◆ 2年目 ⇒  2006/10/26





1回目の健康診断で肝臓が弱っていると言われ

処方食を食べて治りました。



その1ヶ月後、もう一度 血液検査をしたところ

”高脂血症” (いわゆる ドロドロ血)と言われ

ダイエットフードに替えました。





2年目の健康診断。

高脂血症と肝臓の値は治っていたのだけど

太りぎみなので ちょっと痩せようと言われて

しばらく ダイエット補助食の ”メールケア” を食べました。

ちょっと痩せたので、元のサイエンスダイエットに戻しました。






3年目の健康診断。

その油断が悪かったのか、運動をしないからか、

・・・・・・・・・・・・・・・ ついに

おデブの処方食になりました。



またしても 高脂血症。



そして、また ALT値があがっている

(1回目の健康診断参照。)

これは、肝臓が弱っているのだそうです。

正常値が 10~50 のところが、コタロウは 101。

1回目の健康診断のときは 205だったので、

そのときよりは マシのようですが

肝臓に負担がかかっているのは確かです。




また、肝臓の処方食かな~と思ったのだけど

先生が言うには

高脂血症”というのは、脂肪細胞が飽和して、

脂肪が行き場をなくして 血液中に留まってしまう状態なのだそうです。

血液中の脂肪を どうにかこうにかしてくれるのは 肝臓なので

そのせいで 肝臓に負担がかかっているのではないか、ということでした。




ということで、今回は 肝臓の処方食ではなく

おデブの処方食になりました。

ぽってりしたお腹は

チャームポイントでは許されないようです。



目標体重は、以前から言われていた 6kg!!





処方食は けっこう値段が張るのよね。

よしっ、早く痩せるよう、運動もさせよう!



・・・・・・・・・・・・・・ なんか、

私のこと言われてるみたいで イタイんですけど 。。。。。。。。




にほんブログ村 猫ブログへ

ブログ村 に参加しています。
猫アレルギーの猫バカを応援してくださる方は
ポチっと1票お願いします。


| | コメント (0)

2007年11月 1日 (木)

猫の鼻






にほんブログ村 猫ブログへ

ブログ村 に参加しています。
猫アレルギーの猫バカを応援してくださる方は
ポチっと1票お願いします。


| | コメント (0)

2007年5月 5日 (土)

甘えん坊の爪切り

Manti4












猫を飼うと、多かれ少なかれ 誰しもが必ず通る試練です。

爪切り。



コタロウも 爪を切るのが嫌いです。



最近は、2週間に1回くらい 爪を切るのですが

抱っこして 手を握り、爪をニュっと出すと

もう イヤイヤをして暴れだし

噛むわ ひっかくわ、

あっという間に 流血の惨事、大ゲンカ。



ぐっすり寝ているときに、ペロっと手が出ているとラッキー。

手をモミモミして、寝ぼけている間に チョイチョイっと切ってしまいます。

それでも、大人しいのは 2~3本がいいところ。

目が覚めてくると 激怒して 噛み付いてきます。



爪を切った後は、しばらく 私の手には ナマ傷が痛々しい・・・・・・。





毎回毎回、そんな不毛なケンカをしている私たちですが

本当はコタロウは甘えん坊で、ふたりとも 仲良しなのです。



先日、その甘えん坊っぷりを逆手にとって

上手に爪を切る方法が見つかりました。





コタロウは 日ごろから、私の行く先々についてきます。

キッチンに行けばキッチンへ。

洗面所に行けば 洗面所へ。

コタツに入ればコタツへ。



とにかく 足元にまとわりつきながら ずっと付いて回るのです。





そ・こ・で。

思いつきました。




まず、爪切りを ポケットに入れて スタンバイ。

コタロウが ついてきたら、とりあえず 走って姿を隠します。



そうすると、コタロウは 不審な顔をしながらも ついてきます。




コタロウに見つかったら、また素早く 身を隠します。

コタロウは、トットコ ついてきます。



またまた 身を隠します。

ついてきます。



最初は歩いてついてきたコタロウも

だんだんと、見失わないように 小走りになってきます。




それでも 逃げていると

そのうち、必死で 走りながらついてくるようになります。



しまいには、”うわぁ~~ん!!” と 鳴き出しますが

それでも まだまだ 逃げたり隠れたりを続けます。



甘えん坊のコタロウは、この頃には

私に抱っこしてもらいたくて たまらなくなるようです。




それでも しばらく逃げて逃げて、コタロウが半泣きになった頃

がっしり 抱き上げてやると 喉をグルグル鳴らしながら

くったりと 私に体を預けてきます。



こうなったら こっちのものです。

やっと 抱っこしてもらって、甘え放題甘えているときは

何をされているか わかっていません。



コタロウが 熱い抱っこに酔っているうちに

お手てを モミモミしながら

爪を チョンチョンチョンっと切ったら

ハイ、おりこうさんで終了!!



私も怪我をすることなく

コタロウも怒られることなく、

それどころか 抱っこ満喫!!




ただ、コタロウのような 超!甘えっこの

マザコン坊主でなければ 使えないことと

時間のあるときしかできないというのが ちょっと難点、かな。

| | コメント (4)

2007年3月23日 (金)

毛玉モコモコ

070322_235605















暑さ寒さも彼岸まで。

今日は 少し暖かくなったような気がします。




ここ数日、コタロウのブラッシングをさぼっていたので

今日は 念入りにブラシをかけてやりました。



やっぱり 何日か手をかけないと 少し毛がポサポサ。

それでも、ブラシを 少しずつ通していくうちに

滑らかな スベスベフワフワの毛艶が戻ってきました。

こんなに すぐ効果が出ると、ブラシも やりがいがありますね。



毛換えの時期がきているのか

コタロウの毛が抜ける抜ける。

雲のような モコモコの毛が 大量に出ました。



膝の上にコタロウを乗せて

背中から しっぽまで 一気にブラシを滑らせると

1cmくらいのモコモコができます。



モコモコを とりあえず床に投げておいて

また ブラシを滑らせます。



コタロウが ツヤっツヤのおぼっちゃんのようになった頃

床には 10cmくらいの モコモココロニーができていました。




さて、仕上げに体をナデナデして、浮いた毛をとってやると

それまで うっとりして ブラッシングに身を任せていたコタロウが

とつぜん 私の膝から降りて



何を思ったのか、モコモココロニーを パクッと咥えました。





エッ!?

私は、君のお腹に 毛が入らないように ブラシをかけているんだけど

食べちゃったら 意味ないんでないかい???




焦った私は 急いでコタロウを投げ出して

モコモココロニーを片付けたのでした。



毎度 毎度、よく焦らせてくれる にゃんこです。

いやはや、そろそろ 少し落ち着いてくれませんかね。



う~ん、でも いつまでも子供でいてほしいような ・・・

これも、なんともフクザツな親心というヤツなのでしょうか。

| | コメント (0)

2007年2月13日 (火)

予防接種 3回目

070












ふくふく感たっぷり。






1年ぶりに 予防接種をしてきました。

今回も、例によって 開院一番のり。

遅くなると、待ち時間が長いからね~。



コタロウは、やっぱり 普段と違う場所にビビリまくり。


それでも、朝一番で 他の患者さんがいなかったので

まだ 緊張感も少なめ。

にゃんにゃん言うくらいのヨユウがあったので よかったです。





いつもどおり、触診をしてもらって 異常なし。

たまに、こうやって獣医さんに診てもらってると、ちょっと安心します。



そして、毎回 気になる 体重、

今回は  6.4kgでした。



わ~~~い、ちょっとやせた~!(わずか0.5kg)

” メールケア ” が 良かったのかしら!!???




先生にも お褒めと激励の言葉をいただきました!


”痩せたね、よかったですね~。

もうちょっと!

せめて5kg台に しましょうね~




おっと、そうでした!

喜んでいる場合でない!

5kg台は まだまだ遠いな!!

がんばろうね、コタロウ!!





ワクチンも おとなしく チクっと打ってもらって、無事に終了。

もう~~~、 今日は おりこうさんで 大合格!!!



先生にお礼を言って、

サテ、帰るよ~、と キャリーを持ってきたら

いそいそと キャリーに入って行きました。




やっぱり おうちじゃないところは落ち着かないね。

でも、長生きのため、年に数回の病院だけは かかせないから

これからも おりこうさんで ヨロシクね、コタロウ!

| | コメント (0)

2006年10月21日 (土)

2年目の健康診断

Pa0_000455












コタロウは 9月で 2歳になりました。



前の健康診断から もう1年経ったことだし

健康診断に連れていきました。

前の健康診断は コチラ。 ⇒(2005/10/10)



1年前の血液検査で問題になっていた 肝臓のことや

血液中の脂肪分は 正常値近くのままだったので

とりあえず、今回は OK!ということになりました。

よかった。



またまた 先生に言われたのは、

また 太りましたね。”





今回の体重     6.45Kg。

前回より 増えています。  (前回 6.2Kg)

去年の話では、せめて 5.5Kgくらいにしないと ・・・ って話だったような・・・
ちなみに、コタロウの適正体重は 5Kgくらいだそうだ。
せめて、”コタロウくんはこういう体型だと思って大丈夫ですよ~”と言われた
6kgくらいにはしないとイケナイのかな ・・・。



時々、私が計っている分には、

この半年くらいは変化なし ・・・・・・・・ なんだけど。  マズイかな。。。



まだ、処方食なんかを使って

ダイエットプログラムに突入するほどではないけれど

これ以上太ったら、ダイエット 決行! になるらしい。。



これは、もしかして 危機的状況!?





そもそも、去勢をした雄猫は

運動量が減ってしまうのと、脂肪を溜めやすい体質になってしまうので

太りやすいそうです。



最近は、遊びも激しく、

キャットタワーに上ったり、走り回ったり、多少は運動してるけど

5回くらい登ると フーフー言ってるもんな~。

猫として、見るに忍びない・・・・。



そこで、またまた 高級ゴハンを オススメされました。

去勢した猫用のカリカリMc_2

メールケア。



肥満を ”未然に防ぐ” ための 一般食

食べても 太りにくいのだそうです。



1.5Kg で   ¥2,000。

かわいいコタロウのために、これを使うべきか、どうするか。



もう少し太って、処方食 になったら、こんなもんでは済まない

超!高級ゴハンが待っているのか。



痩せるまでは、メールケアにしとこうか。

・・・・ せめて、半分でも。

| | コメント (4)

2006年10月 7日 (土)

ネコと引越し

004902_1
















引越しをしました!

しばらく 更新をサボっていたのは、このためです。


この機会に、ずっと 押入れにしまいこんでいた
キャットタワーをひっぱり出してきました。
このキャットタワーは、サスケが使っていたものです。

それで 突然、このブログにキャットタワーがお目見えしたわけです。




** サボっていた間の 書きたい気持ちが 溜りに溜っているので、今回は長いですヨ **
                             引越しと猫の関係が知りたい人はどうぞ。


うちは 何度か引越しをしていますが
今回、猫を連れての移動だったので
ちゃんと 新しい家に慣れるかどうか、少々 不安に思っていました。

やはり 引越しというのは にゃんこには負担が大きいと聞くし、
不安のあまり、まるまる 2日も 自分の寝床から出てこなかったり
食事もしない、水も飲まない、トイレも行かなくて
とうとう膀胱炎になっちゃったり・・・ なんて子もいるようです。


コタロウの順応性が高いとはいえ、慣れなかったら どうしよう、
ストレスで、病気になったら どうしよう。
マーキングのために、壁や建具を引っ掻き回したり
柱や家具に おしっこ したらどうしよう・・・・・・・・・・・。

不安は尽きませんでした。


猫は、自分のニオイや 知っているニオイがあると安心するそうです。
念のために、引越しの2週間前から
コタロウのベッドに タオルを忍ばせて ニオイをつけておき、
引越し前に、そのタオルで 床はもちろん、壁やら柱やら 建具やら家具やら
家中、ぜ~~~んぶ!! 腰くらいの高さまで 拭きあげてやりました。

そして、慌しい様子で怖い思いをしないよう、
引越しが終わって 荷解きが済んでから、コタロウを連れてくることにしました。


そんなこんなで、コタロウを連れてきたのは すっかり夜。

触られてはイケナイものは ぜんぶ 棚や押入れに隠し
コタロウの いつもの ゴハンや水飲み、寝床やトイレを設置、
準備万端 整えて、キャリーを部屋の中に置きました。

コタロウは 既に、知らない場所にビビりあがっています。
目を見張って、丸い目が さらにまん丸。
心臓の音が聞こえてきそうなほど 緊張しています。
いっしょになって、私まで 緊張するじゃないか。

ゆっくり、キャリーの扉を 開けてやりました。



コタロウ、第1の反応。

固まる。


なんと、身動きひとつしません。
キャリーの奥で、体長が3分の1くらいになって 縮こまっています。

このまま 引きこもりになってしまったら困るので
キャリーから 引っぱり出して 抱っこしてやりました。
コタロウを抱いた腕に、心臓がバクバクいっているのが伝わってきました。

思えば、新しい場所に移ったときの 猫の行動をじっくり見るのは初めてです。

私も、興味津々。





2分くらい 経つか経たないかのうちに、コタロウが私の腕を抜けて
部屋の隅っこのキャットタワーの陰をめがけて
一目散に走っていきました。

どうするのか、じっと見ていると
コタロウは、しばらく 威嚇するような顔で 周りの様子を伺った後
体勢を低くして(腰がひけているともいう) 壁伝いに走りました。

そして、テレビの陰へ。
陰から周りをうかがって、また壁伝いに 次のモノ陰へ。
1箇所ずつ 走って 移って行きます。

腰がひけていても、移動は早い早い。
でっかい ”ねずみ” でも見ているような気になってきました。

キャットタワーの陰からテレビの陰、
机の下、カーテンの後ろ、ゴミ箱の陰、キッチンのカウンターの下、
食器棚、ドアの後ろ、空気清浄機の裏、出っ張った柱の奥・・・・・・・・・・

壁という壁の際を 全部 回り終わるまで、決して壁から離れませんでした。




20分くらい経った頃。

家の中を1周して、キャットタワーまで戻ってくると
また じっとうずくまりました。

もう慣れたのかな、と思いながら見ていると
ゆっくり、頼りない足取りで ヨロヨロと動き、
初めて 壁から離れました。

キャットタワーから、空気清浄機へ。
空気清浄機から キッチンカウンターの下へ。

少しずつ、行動範囲を広げて、
”線” ではなく、”面” で動いています。

部屋を横切るように ヨロヨロ、ヨロヨロ ・・・・・・・・・・。


私が少しでも動くと ビビりあがるのが なんとも 愛くるしい!!


そして、やっぱり 同じ調子で 全部の部屋を 歩き回っていました。




”オー、これで 確認終了? もう 慣れたかな?”
と 思ったら、第3段階目。

今まで 一言も声を出さなかった コタロウが
突然、大声で
鳴きはじめました。


前向いて   ”にゃあ~ん、にゃあ~ん”
右むいて、 ”にゃあ~ん、にゃあ~ん”
左向いて、 ”にゃあ~ん、にゃあ~ん”

1メートル移動して、 ”にゃあ~ん、にゃあ~ん!”

部屋の真ん中に向けて、”にゃあ~ん、にゃあ~ん!”

部屋の隅に向けて、”にゃあ~ん、にゃあ~ん!”

モノ陰に向けて、”にゃあ~ん、にゃあ~ん!”

3歩 歩いて、”にゃあ~ん、にゃあ~ん!”


1、2段階目と同様、家中を鳴きながら歩きまわりました。

しまいには、息が切れて
口を開けたまま ゼーゼー 言いながら、
それでも まだまだ 鳴きます。


この空間 全てに 声を響き渡らせるように

”にゃあ~ん、にゃあ~ん! にゃあ~ん、にゃあ~ん!”
”にゃあ~ん、にゃあ~ん! にゃあ~ん、にゃあ~ん!”
”にゃあ~ん、にゃあ~ん! にゃあ~ん、にゃあ~ん!”


家の中を1周半、 声がかれるくらい
ひたすら鳴きながら 歩いて回っていました。




さて、キャットタワーまで 戻ってきたコタロウ。




この次は、何をするんだろう?

わくわくしながら見ていると、
肩で息をしながら 部屋の真ん中に出てきました。


鳴きすぎてか、疲れのためか 口が閉まらず
キバと 舌がぺロっと出ています。

そのまま、ボーゼンと立ち尽くしました。





一瞬 私の方を見て、



その場にボテっと倒れこみました。





おおっ、隊長!!  確認終了したようです!!!!!

この住処は安全と認識されました~~~~~!!!!




キャリーを開けてから
コタロウの腹の肉を目にするまで
約1時間半。
早すぎねーか??? さすがの順応力。



私の 心配は取り越し苦労だったってことかしら。


イヤイヤ、きっと 前準備と気遣いの為せるワザ!!(?)
うまくいっちゃった後としては、真相は 闇の中。



今回、初めて 猫が新しい環境を住処にするところを
じっくり観察しました。

エリアの形と、危険なものがないことを確認して
姿をさらして ケンカを売ってくるヤツがいないことを確認
そして、テリトリーの主張・・・  ということなのでしょうか。


確認の行動は早かったものの、
2~3日は、私が動くだけでも ひどく緊張し
1週間くらいは 物音ひとつにビビリあがって
寝室のカーテンの裏に隠れていたので
やっぱり 場所が変わるというのは
テリトリーで生活する 猫にとっては 一大事のようですね。

今や すっかり慣れたコタロウは
わがもの顔で家の中を歩き回っています。



次回は、コタロウの元気な姿を お目にかけますね~。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧