« 慌しい1年でした | トップページ | 秋の風物詩 »

2015年4月19日 (日)

コタロウの膀胱炎 続きのお話

22

コタロウが膀胱炎になってから

もう1年が過ぎようとしています。



実は、膀胱炎騒ぎには続きがあって

お薬が終わって約1ヶ月後に、また膀胱炎になったのです。

トイレが近いのと、トイレ前の大騒ぎ

そして砂が赤くなっていて気がつきました。



かかりつけの病院が開いていたので

すぐにコタロウを連れていき

状況から見て膀胱炎でしょう、と診断が出ました。



そして、先生が言うには

『お薬は、毎日1回錠剤がいいですか?

それとも、注射1回で2週間がいいですか?』

と。



ん?

注射?



『今、1回注射をしておけば

2週間、効果が続くので

毎日苦労して薬を飲ませる手間がないですよ。』



それはいい!

膀胱炎にストレスは良くないと言いながら

毎日の投薬はコタロウにストレスをかけていないのか?

なんて矛盾!と思っていたところだったので

ぜひぜひ、注射で!と

二つ返事でお願いしました。



2週間経ったら、

もう一度様子を見せに連れてきてくださいね、と言われて診察室を出て

治療費のお支払いでびっくり。



診察料とかなんとかとは別で

注射1本 5,000円!



ははは(苦笑)、投薬の手間がないかわりに

えらいお高い治療費でした!

先にお値段聞いていたら、どちらを選んだだろう、ワタシ?



でも、毎日の薬の手間がないことは

ことの他、私にもコタロウにもストレスなく

あっという間に2週間が経過して

やっぱり注射を打ってもらって良かったと思いました。



そうこうしている間に症状も治まり

もう一度病院に行って診察してもらった結果、

無事に治療完了しましたとさ。

めでたし、めでたし。



その後は、今のところ再発なく元気に暮らしています。





|

« 慌しい1年でした | トップページ | 秋の風物詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慌しい1年でした | トップページ | 秋の風物詩 »