« 2010年9月 | トップページ | 2013年5月 »

2012年7月 8日 (日)

アレルギーに「しその実」?

みなさんこんにちわ!

お久しぶりに今年のMyアレルギー事情をレポートしたいと思います!
あれ?去年のレポートがないな〜なんていう疑問は
やさしい気持ちでスルーしてください!
暖かい目で!よろしくお願いしま〜す!
そして、久々のくせに長文です。
つきあってもイイよ〜という優しいアナタだけ読んでやってください。
よろしくお願いします。


今年も恒例の黄砂の時期が過ぎましたが
みなさん、無事に乗り切りましたか?
私は、なんと今年は黄砂の時期に1回も薬を沸かしていません!
去年も薬を沸かしたのは数回だったので
年々順調にその数が減っていて喜ばしい限りです。

いつもの通り、2月後半から4月までは
外出のときはキチンとマスクをしていたので
それも功を奏していたのだと思います。
マスクをしないとやっぱりノドがイガイガするので
「咳が出る前から予防をする」というのは
発作を抑えるための重要な行動習慣だとしみじみ思います。


ところで、えーと、先に言っておきますが
なにかの回し者でもなければ宣伝でもありません。
誰もが救われるという保証のある話でもありません。
「私には良かったな」というだけの情報です。
そこのとこ、ご理解よろしくお願いします!



そう、今年はいつもと違うことが起きたのです。


例年、5月に入ってもしばらくは外出マスクを続けていたのですが
今年はマスクをしなくても喉のイガイガが出ませんでした。
本来なら今年もマスクをしていたと思うのですが
5月に入ってスグに、身内に不慮のイベントが起きてしまい
それはもう忙しくなって、マスクどころではなくなったというか・・・
とにかく3〜4日間は今日が何曜日かわからなくなるくらい
タイヘンだったのです。。。

忙しさにかまけて咳が出なかった?
いやいや、だいたい私の場合は
体力が弱ると咳が出やすいのが普通だったので
おかしいなぁ〜と思ったのです。


何が原因か一生懸命考えて、確信はないのですが
調子の良い時期と並行しているので
これのおかげかな?と思い当たるのがひとつあるのですが、、、

5月の始めから、宮崎土産の「しその実」の佃煮
(しょうゆ煮だったかな?袋を捨ててしまって名前がわかりません)
を食べています。

若い「しその実」を熟れる前に収穫して
甘辛っぽく煮ているそうです。
しそのさっぱりとした良い香りがして
ご飯にも良く合うし、おつまみにもピッタリの一品で
気に入って毎日食べました。

「若いしその実」というだけあって
実がまだ「ガク」のようなものに包まれています。
私は「しその実」にあまり馴染みがないので
普通のしそがどんな状態で売られているかわかりませんが
これは小〜さい丸いのがプチプチした食感でとてもおいしいのです。

後で知ったのですが
「しその実」は古くから生薬として使われていて
漢方では「アレルギーの症状を抑える」薬と言われているそうです。



出た、漢方!!
だから!早々と言ったけど!回し者ではありませんよ!?


そこで、Google先生に聞いてみました。
最近の研究で、キチンと解明されつつあるようです。
しその実に含まれている物質が、免疫機能を正常化するので
アレルギー症状の緩和に役立つそうです。

そして、喘息に限って言うと、
発作が出るときに
体内ではロイコトリエンという物質が作られているそうですが
「しその実」に含まれるαリノレン酸が
ロイコトリエンの生成を抑制してくれるとか!!!

うわっ、なんかスゴイ!!
やっぱりバカにできませんよ、漢方!


しかし、、、本当にこんなに早く効果が出るのか、
ただ単に黄砂の時期が早く終わったのか、
はたまた、実は私のアレルギー症状が快方に向かっているだけなのか??

実際のところ、謎はとけていないのですが
咳が出ないのは事実なのです。
しばらく続けてみようと思っています。


でも、心配事がひとつ・・・・。
身近でこのようなしその実を売っているのを
見たことがありません。
まだまだ残りもあるし、1日に食べる量も少しなので
当分の間は食べれるのですが
もし、なくなったらどうしよう?
お取り寄せってあるのかな?



究極は、ベランダ栽培でしそを育てちゃうのか・・・・・?





Koko5

そしてお久しぶりにお目見えするコタロウくんは
相変わらず元気なおデブなのでございますよ。

| | コメント (4)

« 2010年9月 | トップページ | 2013年5月 »